湘南に住むということ…  富士山と江ノ島とSurfingLife

サーフィンLifeに憧れて転職を機に湘南に移住。 ワクワクする日々の出来事と湘南・鵠沼海岸に特化した波情報を綴るサーフィンブログ。

オリンピック|サーフィン|競技ルール採点|解説

オリンピック|サーフィン|競技ルール採点|解説

オーストラリア, クイーンズランド, サーフィン, サーフボードの無料の写真素材

いよいよ、間近に迫りましたね2020年東京オリンピック。

そして、待ちに待ったサーフィン競技。

 

皆さんオリンピックを楽しむ為に準備万端で望みたいですよね。

追加種目となったサーフィンをされた事の無い方にはサーフィン競技のルールや採点方法、サーフィン自体も今回のオリンピックで知ったと言う方も多いかと思います。

 

今回は、サーフィンを大好きな方は元より、全くサーフィンを知らない方にも2020年のオリンピックを機に競技としてのサーフィンを、思いっきり楽しんで頂く為に。

「サーフィンを楽しむ方法」として先ずはサーフィン競技とルール、採点方法をご案内いたします。

目次

サーフィン競技とは

まずは、サーフィンとは、どんなスポーツなのか?と言うことから。サーフィン, 波, 楽園, 夏, アドベンチャー, 休日, 屋外, サーフ, 海

競技概要

サーフボードという板を使って人力と波に乗り、技やテクニックを競い合うマリンスポーツです。

東京2020大会で新たに採用された追加競技種目となってます。

サーフィンはハワイの海で育ったスポーツです。

サーフィンを広めたのはストックホルム1912大会とアントワープ1920大会の水泳で金メダルを獲得したハワイ出身のデューク・カハナモク。

デューク・カハナモクは水泳選手として以上にサーファーとして巨大な影響を後世に与えた偉大な人物であり、言わば彼は近代サーフィンの父であると呼ばれています。

 

サーフィンはサーフボードのサイズによって大きくて2つに分かれます。

古くから親しまれている長さが9フィート(約274㎝)以上のボードで波に乗り、その板上を歩くテクニックが中心となるロングボード。

長さ6フィート(約183㎝)前後の先の尖ったボードで細かいターンやカービングのテクニックを中心としたショートボードのタイプ。

ショートボードはそれまで平面的な動きだったサーフィンに縦の動きを与え、三次元のダイナミックな技を可能にしました。

とてもアクティブで見応えのある演技が特徴となっています。

東京2020大会のサーフィン競技は、このショートボードの演技を競い合います。

 

波に乗る原理

波に乗る原理は揚力・波力・重力の3要素。これらを上手く組み合わせボードの上に立ちます。

具体的には浮力の有る板を波の速度(相対速度0)に合わせて走らせ波が形成する斜面を使い滑り降りて行くと言う事です。

 

浮力の有る板にはPU(ポリウレタン)EPS(ポリスチレン) XPS(ポリスチレン)等の強度が有りとても軽く水に浮く素材で出来ています。

波の速度に合わせてボードを走らせる事をパドルと言い。海上でボードの上に腹這いになり自らの両手をオールの様に使いその推進力で前に進みます。

波が形成する斜面とは外洋で風によって出来た風波がウネリとなり、それが陸地に辿り着き浅瀬の地形にぶつかり波が崩れる寸前に出来る斜面を言います。

 

体重や技量によりボードのサイズや素材、形を選び、波のスピードに合わせてパドルをして波が崩れる瞬間に出来る斜面を利用して立ち上がり、波が形成されるパワーゾーン(一番波の力が有るポイント)で演技を行い、それを採点し競い合います。

 

サーフィンの魅力は波の上で演技をする事も有りますが、機械やエンジンを使わづに、自らの体を使って波を捕まえ波に乗る事でも有ります。

人よりも一本でも多くの波を掴む為に強靭な筋力・体作りが必要となります。

競技ルール

競技としてのサーフィンは、選手が波を乗りこなす演技・ライディングテクニックをジャッジが採点し、勝敗が決まっていく。

選手は決められた時間内に10本前後のライディングを行い、いかに難易度が高く創造的な技を繰り出す事ができるか、スピードがあってダイナミックか、などが評価され、高い2本の合計店によって得点が決まる。

競技は男女20人ずつの選手で行われます。

競技が行われるのは風の強さや方向、潮の満干などの動きによって変わる波。同じ波は2つとない、そんな自然の海。

アスリート, ウォータースポーツ, エネルギー, おとこの無料の写真素材

いかに良い波を掴み、刻々と変化する波にどのタイミングで乗るかが重要になる。

自然の中で運も味方につけながら戦うスポーツがサーフィンなのです。

スケートボードやスノーボード、フィギアスケートなどの様に同じ条件で演技をするのではなく、演技する為の波を自ら選び他の選手にその波を取られない様に勝ち取る事がとても重要となってきます。

 

一つの波に乗れるのは一人だけ。

崩れる波の直前の波のピークに最も近い選手にその波に乗れる権利があり、これを「優先権・プライオリティー」と言います。

いい波を掴む為には、先ずプライオリティーを取れる位置を確保すると言う事が必要となってきます。

プライオリティーを持った選手の邪魔をするとペナルティーが課せられ、減点の対象になります。

プライオリティーがあるのにも関わらず、波に乗らないでいたり、選んだ波に乗ろうとしてパドリングを開始したものの途中で止めたりするとプライオリティーを失ってしまいます。

 

これにより最高の演技をする為の波選び・波取りとして演技をしていない間にも選手同士の駆け引きが行われています。

波に乗らないふりをして乗ったり、パドリングを開始するふりをして実際は行かなかったりする事で他の選手を翻弄する事もあり心理的な戦術も見所で楽しめる。

人, 男性, サーフィン, ボード, スポーツ, 海, 青, 水

オリンピックでは2〜5人ずつで競技を行い、1位〜3位の上位選手が勝ち抜ける「マンオンマンヒート」、「4メンヒート」、「5メンヒート」のトーナメント方式を採用。

1ヒート(試合)は波の状況によって異なるが20から35分程度。

その間に波に乗り、そのうち点数の高かった2本の合計点で順位を競い合います。

ヒート時間

1ヒート通常20分〜30分程度。

*ヒートとは試合の組み合わせの事を言い、「一回戦目の人組目」の場合には「第1ラウンド・第1ヒート」と言います。

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式ウェブサイトより

競技紹介アニメーション「One Minute,One Sport」

1分間でサーフィンルールや見所を紹介する動画です。


One Minute, One Sport サーフィン編 

競技採点方法

採点は選手が行う技の種類や難易度、オリジナリてシーにスピード、パワーなどの要素を加え5〜7名のジャッジが行う。

選手は何に多く乗れば良いと言う事ではなく、一本の波における技の数が多い方が良いと言う事でもない。

大事なのは技のクオリティー。波をトップ(上部)に向かって上がって行き、そこから回転して降りる360(スリーシックスティ)や、波を蹴り上がって空中に舞い上がり体制を崩す事なく着水するエアリアルなどの高度な技をリスクの高い大きな波でダイナミックに行ない成功させると、必然的に高得点になる。

一つ一つの技に決められた点が有るのではなく、ジャッジが総合的に見て判断するため、いかに難易度が高く創造的でクオリテイーの高い技を繰り出すか、ライディング全体がダイナミックでスピードがあるかなど、一本の波で繰り出される全体の演技構成にも注目して観戦するとよりサーフィンを楽しむ事ができます。

通常の採点方法では1ヒートで一人の乗っても良い本数(マキシムウェーブ)が制限されている場合もあり、それぞれ一本のライディングに対して各ジャッジが点数を付けて行きます。

全てのライディングの点数のうち、得点の高いベスト2ウェーブ(20点満点)の合計得点で競い合います。

一本のライディングに対しての点数のつけ方。

各ジャッジから出された最高得点と最低得点を除いた残りの点数の平均がそのライディングに対する点数となります。

ゼッケン

選手達は赤、白、青、緑などの色の付いたカラーゼッケンを付けて競技します。

アクション, ウォータースポーツ, エクストリームスポーツ, おとこの無料の写真素材

サーフィン競技を楽しむ為の事前準備

オリンピック|サーフィン|釣ヶ崎海岸競技会場・日程|解説

www.seaglass134.work

オリンピックさながらのWCTをチェックしてみよう。

更にサーフィン競技を楽しむ為の事前準備として、私からのオススメは現在WCT(ワールドチャンピオンシップツアー)の模様をBS1で定期的に放送されているので、そちらで競技の雰囲気に触れてみる事をお勧めします。

オリンピック出場予定の世界トップサーファーのサーフィンを日本のアナウンサーが実況、細かい技を近江俊哉さんが解説するなど、オリンピックさながらの映像を見る事が出来るからです。

放送は不定期ですが、再放送を何度も行なっているので是非、チェックしてみて下さい。

近江俊哉さんの解説で技を覚えてみよう。