湘南に住むということ…  富士山と江ノ島とSurfingLife

サーフィンLifeに憧れて転職を機に湘南に移住。 ワクワクする日々の出来事と湘南・鵠沼海岸に特化した波情報を綴ります。

波情報 湘南鵠沼 2019.6.14 人工サーフィン施設中止、人工リーフ誕生?

波情報 湘南鵠沼

 おはようございます。

seaglass134です。

 

風はオンショア

セット膝モモサイズ、ポイント選んでサーフィン楽しめてます。 

 

f:id:seaglass134:20190612080150j:plain

目次

波チェック 

では早速、湘南鵠沼の波チェック!!

 

天候は快晴、既に日差しが強い朝を迎えている鵠沼海岸です。

 

風はほぼ無風に近い南からのオンショア

弱めのウネリ、セットで膝モモサイズ、セット間長めですがセット以外のスネサイズの小ぶりの波がコンスタントに入ってサーフ可能です。

 

潮は引き始めでまだ、割れていないポイントも有り割れているポイントにサーファーが集中している状態です。

 

河口左からビレッジ前、トロ早めのダンパー気味の波でショート中心にショルダー張った波をテイクオフするも斜緩く前が崩れ少し走れる程度。河口右からスケパー前にかけてはサーファー数名入っていますが波は割れ難くく厳しい状態です。

 

銅像前、ロングボーダー中心にウネリからテイクオフするも直ぐに前が崩れスープの状態でインサイドまで乗る感じです。薄いリップに緩い斜面とロングでも厳しい状況となってます。

 

昨日、穴場的だったデッキ右の海の家付近は、昨日ほどでは有りませんがサーファー少なめでミドルセッションからインサイドまで乗れる、若干厚めですが形良い波がコンスタントに入り楽しめてました。やはり今日も穴場でしたね。

 

今日は終日オンショア吹き続ける予報で午後から少し強くなる様です。潮も9時頃引きいっぱいで16時頃まで上げてくる予報なので、今日サーフィンされる方は潮引きの午前中に合わせて早めの1R楽しまれた方がよいのではないかと思います。

 

明日から天気も思わしくないので、日光浴されるなら今日が良いかもしれませんね。

 

明日からサイズ上がる事を期待したいので今日は早めに就寝を心掛けたいですね。今後の波の動きを要チェックですね。

 

 2019年お薦めボードショーツ

【リップカール編】【ハーレー編】【クイックシルバー編】【patagonia編】

のリンクを貼りましたので、是非チェックしてみて下さい。

 

今日の波情報 湘南鵠沼

2019年6月14(金曜日)AM6:10  現在

【総合評価】20点⭐️⭐️

 【天気】快晴

【富士山】雲で隠れてます。

【ウエット】シーガルからタッパー+海パン

【風 】南、ほぼ無風に近いオンショア

【フェイス】面ツル⭐️⭐️

【サイズ 】セット、膝モモ

【ウネリ】セット間 長め2から4本程度 全体的なヨレ無し

【位置】ミドルセッション

波予想ツール

【天気予報】湘南・江ノ島の海の天気 - 日本気象協会 tenki.jp

【タイド】気象庁 | 潮汐・海面水位のデータ 潮位表

【波高・風】全国の波情報 - goo天気

 

今日の波動画

📺YouTubeにUPしました。


最新の波情報 湘南鵠沼2019年6月14日(金)AM6:05現在

今日の波画像

f:id:seaglass134:20190614074044j:image

デッキ左の海の家前、人少なめで穴場です。

f:id:seaglass134:20190614084025j:image

ビレッジ前、トロワイドダンパー気味の波。

今日の天気図

f:id:seaglass134:20190614074154p:image

今日の江ノ島と富士山

f:id:seaglass134:20190614074210j:image

f:id:seaglass134:20190614074222j:image

 

人工サーフィン施設中止、人工リーフ誕生?

 既にご存知の方も多いかと思いますがアメリカのフロリダ州で建設発表されていた商業施設、ケリースレーターのウェイブプール『サーフランチ』が地下水位の高さが大きな障害となった事を理由に建設中止になったとの発表がありました。

 

2018年のCT、ガブリエル・メディーナが優勝した第8戦カルフォルニアで見せたパーフェクト・ウェイブ、見た事ないくらい綺麗なチューブを作り出した夢の様な施設、『サーフランチ』。(こちらはカルフォルニアのレモーに有る第一号)

今回中止となった初の商業施設としてフロリダで計画されていたケリースレータの『サーフランチ』は個人的に、とても楽しみにしていただけに中止の発表は驚きのニュースでした。

 

そんなニュースがあった最中、今度はオーストラリアのウェブ・デザイナー、グレッグ・ウェバーが、新しい人工サーフィンならぬ人工リーフ?ウェバー・リーフを完成させたとの発表があった。

既にオーストラリアやカルフォルニアなど販売を開始しているが、設置が一番早い可能性が高いのがオリンピック開催地の千葉県とも報じられているようです。

 

この人工リーフ・ウェバーは海底に埋め込むタイプではなく、どの海にも設置可能でV字型の人工物を海に設置する事でスウェルの向きを人工的に変えてパーフェクトウェイブを発生させるというものらしい。

同リーフに照明システムを完備する事で、憧れのナイト・サーフィンも可能との事。

凄いですよね、まさに画期出来ですよね。

 

youtu.be

 

去年辺りから話題になっていた木更津の人工ウェーブプールも、現時点では2020年の東京オリンピック会場としてのウェーブプール採用もほぼ期待出来ない事から建設中断するのでは?と言った声が出ている様です。

 

2020年のサーフィン競技。直近のカノア五十嵐選手等の活躍も有り、今までにない脚光を浴び始めて来ているサーフィン。是非、オリンピックが起爆剤となり、波の無い状況でもサーフィンが出来る施設が設置される事を 一人のサーファーとして期待したい所です。

 

お薦めボードーショーツ(海パン)

夏のサーフィンを思う存分楽しむ為に必須なボードショーツ(海パン)。

何を選んだら良いかお悩みの方必見です。

間違い無く満足出来る最先端のテクノロジー素材を採用したボードパンツ。

世界のトップサーファーが機能性とデザインに拘り抜いて作り上げた”シグネチャーモデル”をメーカー毎にまとめました。

www.seaglass134.work

www.seaglass134.work

www.seaglass134.work

www.seaglass134.work

今日のTwitter他情報 

twitter.com

twitter.com

www.surfersite.com

 

良い一日を